• ウォーターサーバー比較ランキング 無料レンタル&宅配

ウォーターサーバー比較ランキング

ウォーターサーバー比較ランキング

最近話題になっているウォーターサーバー。

これ1台あれば、いつでもおいしいお水が飲めますよ。

水の宅配業者ではシステムに違いがあります。

業者選びの上で大切な点になるので、どのようなシステムなのか必ず確認しておきましょう。

宅配の水で一般的なのは病院などで見掛けるガロンボトル入りの水であり、床に直置きやテーブルなどに置ける卓上型のウォーターサーバーです。

次いで多いのは、スーパーなどでよく売られているペットボトルに入ったものや、他にもフィルム入りの水もあります。

それぞれにメリット・デメリットがあり、タイプによって費用や使った後の処理方法が違うので、しっかり吟味してから選ぶようにしましょう。

また、宅配でボトルを受け取って空きボトルは回収し、サーバーはレンタルするのが一般的なシステムになっています。

サーバータイプは好きなときにすぐに冷たい水が飲めたり、お茶が淹れられると好評です。

狭いスペースでも置ける卓上タイプが人気があって、電気代(平均1,000円ほど)も安くて便利に使えるでしょう。

空ボトルは、宅配の時に回収されるので、保管場所が必要ですから、収納を考える事が前提となります。

衛生面を優先するならフィルムパックの水が良く、使い捨てで安心できます。

ただし、使用後のフィルムはゴミとなりますから、エコに関心がある方にはお薦めできないかもしれません。

宅配業者は、どこのシステムが自分にベストなのかを考えておくと選びやすくなるでしょう。



ウォーターサーバーが人気なのはどうして?!

昨今では一般家庭にもウォーターサーバーが導入される事が珍しくなくなり、様々なウォーターサーバーのブランドが登場するようになりました。

今でもウォーターサーバーの家庭導入率は増え続けていますし、震災などの影響からサーバーの導入を考えている人も多くなっているようです。

そこで、これからウォーターサーバーの導入を考えている方や、まだ家庭にサーバーを導入していないという方達にむけて、サーバーを導入するメリットや選び方、そして上手な活用方法を紹介していきたいと思います。



ウォーターサーバーは、どうしてここまで家庭でも人気が出てきたのでしょうか。

ひとつは、水道水をそのまま飲むという習慣のある人が少なくなってきたという事にあります。

しかし、コンビニやスーパーでペットボトルのミネラルウォーターを購入すると手間が掛かる上に、コスト的にも決して良くはありません。

そうした事からも、ミネラルウォーターをその都度購入したり、運ぶ手間が掛からず、トータル的なコストパフォーマンスも上回るウォーターサーバーの人気が出てきたのです。

またもうひとつは、水を飲む事で健康や美容にとって良い影響が人体へあらわれるという事実が世間に広く浸透してきた事です。

水道水よりも味が美味しく、水を飲むのが苦手という人も、ウォーターサーバーの水ならゴクゴク飲める、料理も普段より美味しく仕上がるという口コミも多く見られます。

またもうひとつは、水を飲む事で健康や美容にとって良い影響が人体へあらわれるという事実が世間に広く浸透してきた事です。

こうした事を考えるとウォーターサーバーの人気が上昇し続けているのは必然とも言えますね。

では、水を適切に飲用する事でどういったメリットが人体にあるのか、いくつかの例を上げてみましょう。


【ドロドロの血液がサラサラに】

全身を駆け巡る血液、この血液がドロドロになると身体に多くの悪い影響があらわれ始めます。

命を奪う危険性も高い心筋梗塞や脳梗塞を始め動脈硬化や血栓症といった症状などがそれにあたります。

血液がドロドロになってしまう原因は、食生活や不規則な生活習慣など複数の原因がありますが、水分不足も大きな原因のひとつです。

身体の中の水分が不足すると、血液が必要以上に濃くなり粘度が高くなってしまう為、血液がドロドロへと変わりスムーズに流れなくなってしまう事で、上記のような症状が生まれるのです。

そこで水分を適度に補給して血液の濃度を薄める事により、身体の血液循環が正常に行われるようになります。

特に就寝中や入浴後は水分が不足しがちになりますから、起床後や入浴後にコップ一杯の水を飲むことで、効果的にドロドロの血液を解消する事が出来ます。

血液をサラサラにする方法は数あれど、水分補給こそシンプルで誰にでも出来る基本的な解消方法なのです。

【水分補給でダイエットサポート】

同じように物を食べたり運動していても、何故か太る人と太らない人がいます。

両者の違いは、ズバリ基礎代謝にあるのです。

呼吸や体温調整、そして心臓を動かす事など、人間が意識をしなくても何もしていなくても消費されるエネルギーが基礎代謝です。

この基礎代謝が高い人程、消費カロリーが上がり、低い人ほどカロリーが消費されにくいため、同じ生活をしていても太りやすい人とそうでない人が出てくるのですね。

つまり、ダイエットを成功させる鍵は、この基礎代謝にあるという事が分かると思います。

そして基礎代謝を上げる為の最も簡単な方法が、水分補給なのです。

基礎代謝を上げるためには、血液やリンパの循環を良くする必要があるのですが、上記でも述べたように水分補給をする事で血液の粘度は低くなり、血液はサラサラに保たれます。

また、適切な水分の補給はリンパの流れをスムーズにする為にも役立つ為、ダイエットに欠かせない基礎代謝をアップするには水分補給が非常に重要だということになります。

また、水分を補給する事は、基礎代謝を高めるだけではなく便秘の解消にも繋がりますから、この点でも水分補給はダイエットに大きく関わっていると言えるでしょう。

【水分補給はデトックスにも】

身体の老廃物が上手く排出されずに蓄積されると毒素が発生します。

すると、ニキビなどの肌荒れや老化にむくみ、そして体調不良を引き起こしてしまうのです。

このような状態に陥らない為にも必要なのが、デトックスとなります。

老廃物は、汗や尿から身体の外へ排出されますから、水を飲むことで汗や尿の量を増やしたり、身体の血液や水分の巡りが良くなる事でデトックスが可能となります。

しかし、デトックスを行う為には正しい水分の補給の仕方が大切なんです。


まず、冷たすぎる水は身体を冷やして良くありませんから、水は常温の状態で補給する事が第一、第ニに一度に飲む水は最大でもコップ一杯程度に抑えることです。

デトックスの為には、常温の水を少量ずつこまめに補給する必要があるのです。

【熱中症対策にも水分補給は有効】

また、近年は全国各地で猛暑の年が続いていますが、そこで起こりやすいのが熱中症です。

熱中症は、お年寄りや子供がなりやすいと言われていますが、誰にでも起こりうる事だけに注意が必要となります。

この熱中症対策としても、水分補給は非常に有効ですから、是非熱中症対策に効果的な水分補給の仕方を覚えておいて欲しいと思います。

熱中症は、めまいや吐き気、症状が酷い場合は気を失ってしまう事も珍しくありません。

中には自分が熱中症になっているという事に気が付かないうちに、症状が進行してしまう場合があります。

そのため、熱中症の片鱗が見られなくても積極的に水分を補給する事が大切なのです。

その場合、汗などで失われやすいミネラルを補えるミネラルウォーターや0.1%から0.2%の食塩と糖分を加えた水を常温でこまめに摂取します。

ただの水道水よりも汗に近い成分の水を補給する事で、水分の吸収率が高まり効率的に失われた水分を補えるのです。

夏場は例え室内にいても目に見えて汗を掻いていなくても、熱中症となる可能性がありますから、こうしたこまめな水分補給は熱中症を予防する為には欠かせないのです。

水分を補給する事がいかに身体に大切で、またメリットがあることなのかが理解して頂けたと思います。

始めにも述べたように、今では様々なウォーターサーバーのブランドがありますから、その中からたったひとつを選択するのは中々大変な作業です。

ですが、ウォーターサーバーは料金体系やサーバーの仕組み、そして水の種類など各ブランドによってそれぞれ異なっているので、ここは良く吟味をしなければいけません。

ウォーターサーバーを比較する際の大きなポイントは全部で3つ、それではひとつずつ順番に紹介していきましょう。



毎日使用するものだから大切な料金体系

ウォーターサーバーは毎日使用するものだからこそ、料金はサーバーを選ぶ上で大切な事となります。

無理なく続けれる価格かどうか考えなくてはいけません。

【お水にかかる料金は?】

ブランドによって異なりますが、大抵お水1本あたり12Lとしているケースが多く、安いところでは12Lで1200円前後、高いと2500円程度の料金設定となっています。

つまり、選ぶブランドによっては水に掛かる料金だけで倍以上の差がつく事になります。

家族が多い程、水の必要量も増え価格差も広がるでしょう。

ですから、毎月家庭で必要な水の量と料金を考慮してウォーターサーバーを選ぶ必要があります。

【ウォーターサーバーのレンタル料金は掛かるの?】

ウォーターサーバーを導入する際に必要となる料金は、お水代だけではありません。

中には毎月ウォーターサーバーのレンタル料金が発生するブランドも見られます。

大体サーバーのレンタル料金は1ヶ月1000円程度で決して高くはありませんが、年間では1万円以上となり、長く使い続ける程に金額も大きくなります。

サーバーは無料でレンタルをしているブランドが多いため、料金を安く抑えたいならば、レンタル料金の掛からないブランドを選ぶと良いでしょう。

【メンテナンスにもお金が掛かる事も多い!?】

また、ウォーターサーバーは使用していくうちに内部に汚れが蓄積したり、どうしても菌が発生してしまいます。

その為衛生的に使用するには、定期的なメンテナンスが欠かせません。

ウォーターサーバーの作りによって、セルフメンテナンスで済むものと業者にメンテナンスを依頼する必要があるもの、またメンテナンス不要のタイプがあり、業者に依頼しなければいけないケースでは、メンテナンス料が発生するブランドもあります。

メンテナンス料金は、毎月発生するものではありませんし、セルフメンテナンスが面倒だと言う方にはメリットもあると言えるでしょう。

【解約金に注意せよ!】

ウォーターサーバーの導入に関して忘れてはいけないのが、解約金です。

特にサーバーのレンタル料金が無料のブランドでは、契約期間の縛りが厳しい為に注意を払う必要があります。

契約をしてから、半年もしくは1年以内に契約を解除すると解約金が発生するケースが多く、平均して5000円程の解約金が必要となります。

その為、契約をする際には契約年数と解約した場合に掛かる費用をきちんとチェックしておかなければいけません。



サーバー本体の性能やデザインもチェック!

ウォーターサーバー本体もブランドによってそれぞれ特徴のある作りになっています。

【気になる機能や性能面は?!】


機能面から見ていくと、サーバーによって省エネ性能、セルフクリーン機能、また有害物質を除去する高性能フィルターなどが使用されており、省エネ性能が高いものだと毎月の電気料金を抑える事が出来るでしょう。

また、セルフクリーン機能が搭載されているサーバーでは、メンテナンス不要でいつでも衛生的な水を飲用する事が可能です。

他にも子供のいる家庭には嬉しいチャイルドロック機能など、サーバーの性能は使い勝手やお水の美味しさを左右する大きなポイントとなっています。

どんな機能が搭載されているのか、チェックしてみましょう。


【デザインにもこだわって!】

昔はウォーターサーバーというと、如何にも業務用といった感じのデザインが主流でしたが、今では各ブランドこぞってスタイリッシュなデザインのサーバーを提供しています。

リビングに置いても馴染むようなインテリア性に優れたものから、狭いスペースにも置けるスリムタイプのサーバー、卓上タイプのコンパクトなサーバーならキッチンカウンターに置けば邪魔になりません。

家族で利用する場合は、リビングなど目につきやすい場所に設置するケースも多いでしょうから、好みのタイプのデザインを選ぶ事は何気に重要だったりします。

同じブランドでも複数のタイプのサーバーを揃えていますから、色々とデザインを比較してみると楽しいですよ。

どんな水の種類を取り扱っているのか

ウォーターサーバーのブランドで取り扱われている水には、主に天然水とRO水の2種類があります。

また、天然水といっても各ブランドによって水源や採水地が異なっている上に、天然水を加熱処理しているものとそうでないものがあります。

そしてRO水とは、RO浸透膜という特殊なフィルターを使用して水をろ過したもので、極めて純水に近いものです。

天然水には、自然のミネラルが豊富に含まれている事から美容と健康に気を遣う人にはとても人気があり、殆どのブランドで天然水を取り扱っています。

しかし、RO水は癖がなく不純物が極限まで取り除かれていますから安全性が高く、またコストパフォーマンスにも優れているというメリットがあり、天然水とRO水の両方を取り扱っているブランドもあります。

天然水、RO水ともにそれぞれに違った特徴とメリットがあるので、この取り扱っている水の種類もウォーターサーバーを選択する際の決め手となるでしょう。

特に天然水にいたっては、水源や採水地によってミネラルの含有量や味も大きく異なるので、出来れば実際に一度飲んでみてから決めると良いでしょう。

また、赤ちゃんのいる家庭や妊娠中の女性など、特に口に入れるものには気を使いたい場合にはどんな水が適しているのか気になると思いますので、ケース別に適した水の種類を紹介します。

【赤ちゃんに適している水は?】

ミネラルは、健康の為に大切な成分ですが、身体が小さく内臓の機能も未熟な赤ちゃんの場合、ミネラルの取りすぎは内臓へ負担を掛けたり下痢を引き起こす可能性があります。

そのため、赤ちゃんのミルク作りには軟水が向いているのです。

軟水とは、硬度が100から120mg以下の水を指しますが、ミルク作りには硬度50mg以下出来れば30mg以下が望ましいでしょう。

しかし、軟水であってもバナジウムが配合されているものやアルカリイオン水はミルク作りに適さないと警告しているミルクメーカーもあります。

薬局などで赤ちゃんのミルク用として販売されている水は、いわゆるRO水です。

こうした事からも、RO水がミルク作りにはもっと向いていると言えるかもしれません。

天然水であっても軟水でバナジウムが含まれていなければ、ミルク作りに使用しても問題はありませんから、赤ちゃんにはその様な軟水やRO水を選ぶようにしましょう。

バナジウムは注目の成分でメリットも多いのですが、大人と赤ちゃんでは違うという事ですね。

赤ちゃんにも安心のウォーターサーバー


【妊婦さんに適している水は?】

妊娠中の女性の身体は、非常にデリケートになっています。

そのため、飲みやすくまた身体に優しい軟水が飲用水に適していると言えるでしょう。

硬水は、ミネラルが豊富ですが大人であっても飲み過ぎると下痢を引き起こすことがあります。

酷い下痢は時には早産、脱水症状を引き起こす可能性があるので、そうした事からも軟水が妊婦さんには良いでしょう。

以上がウォーターサーバーを選ぶ際に比較して欲しいポイントとなります。

様々な視点から複数のブランドを比較してみる事で、最も相応しいウォーターサーバーを見つける事が出来るでしょう。

人の身体の半分以上は水分で出来ています。

普段何気なく口にしている水ですが、身体に与える影響は非常に大きいのです。

だからこそウォーターサーバーを導入して、手軽に身体に良い水を補給して欲しいと思います。

賢く水を補給する事は、どんな高級なサプリメントを摂取するよりも人にとって価値があるでしょう。